血行が良くなると、眠りが深くなる?

 肩関節を柔らかくするプロジェクトを始めて、半身浴をしながら、肩首回りのバオバブオイルマッサージをやるようになってから、ねむりが深くなっていることに気が付きました。これは、きっと血行が良くなっているおかげであろうという仮説を立て、ホームページを調べてみました。「血行を良くする」と検索すると「肩こりに良い」と出てき、もう少し調べていくと「眠りたいのになかなか寝付けない時、手足が冷たくなっていませんか?」「人は体が冷えていると眠れないのです」などの記載も出てきました。

 

 そう言えば、バオバブオイルを老人の方々に塗ってあげたときに、良く言われたのは「肌がポカポカしてきて気持ちがよい。眠くなってきた。」でした。先日の方は、手のトリートメントの途中から眠りに落ちました。また、足のトリートメントをされた方は、写真でもわかる通り、バオバブトリートメントを先にした左足の方が、血行が良くなって赤くなっています。

 加えてバオバブオイルは、ビタミンEが抜群に豊富、100g93.3㎎も含まれています。この量は、ビタミンEの含有量が豊富で一世風靡しているアルガンオイルの約2倍という、すごい値なのです。

 

 

 

健康長寿ネットを調べてみますと、ビタミンEが不足すると「血行も悪くなり、冷え性や頭痛、肩こりなどを起こしやすくなります。」とありました。また、就労移行支援事業所リスタートの教えて!リス太くんシリーズにも、「睡眠に必要な7つの栄養素の中の一つとしてビタミンEが記載されています。

 

 

 首周りにバオバブオイルを塗りこむことにより血行が良くなり、深い眠りに落ちるようになったのだと、納得しました。何かをやってみると、あまり期待していなかった副次的な効果を得ることってあるものですね。肩関節の方ですか?今度、お知らせしますね。