音の森シリーズ ベートーベンからの贈り物

Mujikapiaさんの地域の人々に良い音楽を届けたいという想いに共感し、この度初めて、バオバブ・サンライズとして協賛させていただきました。

この機会に、私もクラシック音楽を楽しませていただきました。また、ベートーベンが、子供のころ音楽が嫌いだったことや20代後半から耳が聞こえなくなってきて40代のころには、完全に聞こえなくなった後も、振動を感じて曲を作り続けたこと等の説明に心を打たれました。何か一つのことをやり続ける気迫を感じました。

このような機会を与えていただきましたMujikapiaさんに感謝です。

バオバブ・サンライズのことを知っていただく、良い機会にもなったと思っています。

ありがとうございました。