アフリカからのJICA研修員に対する講義の実施

7月27日(金)13:30-16:30まで、アフリカからの研修員6名に対して、小規模ビジネスと地域の活性化についての講義を実施しました。最初は、3時間も英語で講義となるとどうなることかと思っていました。しかしながら、アフリカからの参加者の人たちに会って話すうちに、緊張感よりも楽しい気持ちの方が大きくなりました。彼らは、ジンバブエ、タンザニア、ザンビア、マラウイ、エチオピアからでした。

セッションの内容は、アフリカマラウイでの一村一品プロジェクトの経験とバオバブ・サンライズの開業の経験に基づき、一貫して人間関係をWin-WInなる工夫を凝らし、自立発展の道を切り開こうとしてきたことについて説明しました。活発な意見交換ができ、自分にとっては、実施してみるとあっという間の3時間となりました。やはり疲れ果てたのか、終わった後はぐったり、ホッとした、興奮した気持ちが入り混じったような感じになりました。達成感もありました。

このような機会を与えてくれました、KITA(北九州国際技術協力協会)とJICAに感謝です。

今後とも宜しくお願い致します。