バオバブの花

バオバブの花の形は、女王様に女性が表敬するときに、スカートをあげるようなしぐさに似ています。その花は、長い茎にぶら下がるように咲きます。

花弁は、通常夕方、30分くらいで開花しますので、夕方待っていれば、バオバブの花が開くところを見ることができます。花は、夕方開花し、次の日の夕方には散ってしまいます。

バオバブの花は、このようなはかない側面と、咲く時期を気ままに決め、人々の思い通りにならない気ままな側面を持っています。

そして、人があまり好きにならない臭いを発するそうです。なんと、自由ではかない花なのでしょう。