Baobab Study Room


バオバブの木

 

長寿のバオバブの木は、南アフリカ共和国のリンポポ州にあり2000年位生きていました。その木の高さは約22m、幹周囲は約47mあり、幹の内部には、バーがありました。このバーがオープンしたのが1933年。悲しいことに、この長寿の大木が2017年4月に倒壊しました。気候変動の影響なのか、科学者は、その原因究明を進めています。

 

この木の形は、グロテスクなものや滑稽なもの、様々です。現地の人々は、この木から多くの恩恵を受け、この木の葉、実、種、皮、根、幹を活用してきました。アフリカのバオバブ生息地域での調査によれば、300種類を超えるのバオバブの伝統的な活用方法を記録したとのことです。また、バオバブの木は、小さな薬局とか薬の木とも言われています。

言い伝えの中で有名なのは、神様に逆らったため、逆さまに植えられたというものです。その他、この木の下で集会をするとよいアイディアが生まれるとか、バオバブの幹や根のエキスを飲むとワニに襲われない等、多くの言い伝えが残されています。

 バオバブの木と人々は長い間、共存してきています。

 

 (写真のバオバブの木は、マラウイのマンゴチ県で撮影したもの。)

バオバブの幹

 

大きなバオバブの幹は、中が空洞になっているものが多く、人々は、穀物や水の貯蔵庫として活用したり、小動物の住みかとして住みついたりしています。加えて、刑務所、バス停、バー等様々な用途に活用しています。また、バオバブの幹の皮を、屋根材として活用したりします。バオバブの幹に四角い傷があるのは、そのせいだが、人々はあまりダメージを与えないようにうまく樹皮をはぐ。樹皮からロープやひもを作り、バスケット、帽子、洋服、ネット、紙、魚釣りの釣糸等にも活用しています。樹皮は薬としても有用で、煎じて、飲むことによって、頻尿やぜんそく対策、伝統的に高熱対策としても活用しています。

バオバブの花

 

白っぽい色の花は、長い茎にぶら下がるようにして咲きます。この花は、自分勝手気ままで、人々の趣向にそぐわない咲きかたをします。この花は臭いが臭い上に、夜咲く傾向があることから、人々がこの花を楽しむ機会を得ることは難しいのです。一方、蝙蝠のライフスタイルはこの花とぴったり合います。蝙蝠のような夜行性の動物は、この花の臭い匂いに誘われて、やってきて、この花の蜜にありつくことができます。このご馳走を頂く代わりに蝙蝠のような夜行性の小動物は、バオバブの受粉を助けます。この花は夕刻に開花し、翌日の夕刻には、花が散ってしまうはかない花でもあります。人々は、この花を糊として活用したりしています。

 バオバブの実

 

バオバブの実は、木になったまま乾燥する世界で唯一?の果物です。この実がなるまでに長い20年の年月がかかると言われています。こちらを参照願います。実を割ると種を覆っている白い粉の部分があり、その粉は、ヨーグルト、ジャム、ジュース、スープ、シャンプー等に混ぜて活用されています。果肉の栄養価は、ビタミンCはレモンと同程度、カルシウムは牛乳の約3倍、食物繊維もごぼうの8.7倍、鉄分がほうれん草の32倍と天然のミネラルが豊富です。ポリフェノールの値が非常に高く、ポリフェノールをたくさん含んでいる赤ワインやコーヒーの約10倍の含有量があります。ポリフェノールは、抗酸化作用のあるビタミンCやEと同様に強い抗酸化作用があります。このバオバブパウダーは、アフリカのスーパーフードとしても認定されています。

バオバブの殻

 

 

きれいに果肉や種を取り除いで食器やカップ、ハンディクラフト、水差しとして活用しています。これでビールを飲むと泡のキメが細かくなり、口当たりがよくなり、とてもうまくなります。

外皮は、ライトグリーンのビロードの生地のような肌触りでとてもかわいい感じです。

バオバブの種から絞ったオイル


バオバブオイルは、この種から抽出されこのオイルで、アフリカの人々は数百年にわたり、食料、化粧品、医薬品として活用してきた。たんぱく質が豊富なオイルは、一般的にソースやペーストにして使われてきた。また、乳液、石鹸、歯磨き粉としてや、筋肉の硬直、静脈瘤、傷のトリートメント、保湿剤として髪の毛やつめの手入れに頭のふけ、皮膚疾患にも活用されてきた。種が固いので現地の人々は、ローストしてスナックとして食べたり、細かくしてコーヒーに混ぜて飲んだり、ローストした種をスープにして飲んだりして活用してきた。

バオバブの葉、新芽

 

バオバブの葉は、ビタミンc、糖分、ポタシウム、カルシウム、鉄分、プロテイン、脂質、ビタミンAが豊富である。現地の人々は、新芽をホウレンソウのように食べたり、乾かして粉末にしたりして保存する。頻尿や下痢止め喘息対策としても活用してきた。新芽や葉は、動物や芋虫の餌になり、後にその芋虫や動物を人々が食べるという形でも、活用されてきた。

 バオバブの根

 

水分を多く含んだ樹液がとれる。赤い染料もとれる。根を混入した風呂に赤ちゃんを入れることにより、スムーズスキンになるという伝統的なコスメティックトリートメントがある。(ジンバブエ)
*FRIM(Forestry Research Institute of Malawi) report No. 06002より抜粋

バオバブの伝説

 

バオバブには、多くの伝説があります。神様に逆らってわがままを言ったため、上下逆さまに植えられたという話は有名ですが、そのほかにもいろいろあります。

バオバブの木の下で集会をすると良いアイディアが生まれる。

バオバブの花を抜くとライオンに体を引き裂かれる。

バオバブの種を浸した水を飲むと、ワニの襲撃を避けられる。